<御注意ください>

この日記は私個人の感想を書いている日記です。

だから、もし何か興味を持たれても、全て自己責任でお願いします。



2005年05月 目次
05月29日(日)とびでば、QMA2、アセリア、のだめ、崎陽軒
05月22日(日)QMAKETに行ってきた。
05月07日(土)著作権、同人誌感想『春雪花冬、博麗異聞録上巻、さがしていたもの、そして奴らもやってくる、うたげのさいはて』
05月06日(金)勘違いの訂正、CD感想『Mirage』『幻想音楽祭』
閑話休題楽しい
05月05日(木)サポート掲示板で感動

05月29日(日)   とびでば、QMA2、アセリア、のだめ、崎陽軒


久々に『とびでばいんアボガドパワーズ)※18禁』を遊びました。
今遊んでも充分面白いですし、私は結構良作だと思っています。何時間も遊んでしまいました。
ゲームの派手さの割に動作環境が低いのも、何気にかなり凄いと思うし。

このゲームって、後のPC用2DSTGに若干なりとも影響を与えていると思うのですが、いかがでしょう?
たまに同人STGで『とび〜』というタイトルがありますが、このゲームの名前をもじっていると思われますし。

今なら相当安く手に入るはずなので、店頭で見かけた方はコレを機にいかがでしょうか?
なお、ゲームはSTG→AVG→STG…と進みますが、一度クリアするとSTGモードが出現しますのでご安心を。
(参考:とびでばいん DVD-ROM版※18禁)


さて、とびでばいんにはいくつか関連商品があります。

まずは『とびでばいん Complete Soundtrack』。公式オリジナル&アレンジサントラです。

次に二次創作STGゲーム『とびまな』。
サークル01stepさんより頒布。後に『エム MxS エス』の体験版CDにも収録。(同CDには『とびでばいん』の設定資料も収録。贅沢なCDです。)
実は制作者はとびでばいんを作ったプログラマさんだったりします。
全一面。ボスがメチャムズイです。

二次創作STGゲーム『とびつきひめ』。
これはとびでばいんの二次創作ではありませんが、制作者が01stepさんと言う事で紹介します。
ムービーを見る限り結構期待しています。完成が楽しみです。



クイズマジックアカデミー2(QMA2)に再挑戦。メモとデジカメを装備しゲーセンへ。
しかし、書くのが遅い私はメモを取るのは無理と判明。
更に、全部写真を撮るのは電池の無駄と気付く。そもそもゲームに集中できない。

今回は雑学で撃沈。
オロナミンC(だったか?)に出てた俳優を選ぶ4択で、私一人だけ間違え。_| ̄|○
そんな俳優、聞いたことも無いよ。ヽ(`д´)ノ

結論。今のままでは金の無駄使い。
ちょっとは予習しないと、マジで話にならないっぽい。
どこかに、問題が掲載されたサイト無いかな?
2chスレでも探してみるか…。



永遠のアセリア この大地の果てで
横浜の店頭でようやく通常版パッケージを見ました。良い感じのデザインでした。
ただ、早くも過去作の棚に置かれており探すのに一苦労。
この辺り、最近は新作ゲームのサイクルが早いと実感。

これは、DVDビデオの棚が増え、結果ゲームの棚が減った為と推測します。
新作を短期間しか平積出来ないので、新作の寿命が減って居るのではないでしょうか?

ちなみに限定版は影も形もなし。
まあ今PC版を遊んでいて無理に探す必要無いので、長期戦で探してみます。



『のだめカンタビレ(二ノ宮知子)』1〜12巻を古本屋に売却。
チラシで高額買取250円/冊だった為。こんな高額買取は滅多に無いと思います。
少し続きが気になるんですが、部屋の整理の為には仕方ない。

もう大分漫画を売りました。売りたくないので、売る行為は苦しい。
しかし部屋の整理はまだ終わらない。



京急線横浜駅構内で崎陽軒のシウマイを購入。理由は何となく。

文字列

醤油入れが陶器で出来ているのに感心。まだ陶器だったとは。
なお、空港で売っている崎陽軒のシウマイでは、陶器の醤油入れでないのでご注意ください。
どうも、飛行機内の気圧で醤油が漏れる事が原因のようです。

以上、メモ代わりの雑記でした。


2005年05月29日23時00分

05月22日(日)   QMAKETに行ってきた。


QMAKETに行ってきました。
代理購入&ちょっと自分も興味あったので。

朝からの頭痛にめげず、10時ぴったりに着いて既に199番目。
そして先日の博麗神社例大祭2に続き分割入場に。またか_| ̄|○
う〜む。予想以上に人気なのかな?
オンリーで分割入場はめったに無いと思っていたのですが。

並びながら周りの方々とお話して、いざ入場。(ハンドル名ぐらい聞いておけばよかった…。後悔。)
STB-labさんが一限なるも、二度並んで(自分と友人の分)無事入手。
今回は殆どコレ目的だったので一安心。

他の目的物も購入。これらは空いていてあっさり入手。
残り時間は会場内をずーと見て回りました。
40分しか時間が無いので、テンポ良く見て回り気に入った物を購入。
さざなみ壊変さんの『厚さ』1cmの問題集に大うけ。売り切れてて残念。

そして第一部は無事終了。頭痛が止まらないので帰宅することに。
と思ったのですが、虫姫さまが遊びたくなり京急蒲田前のシルクハットへ。
オリジナルモードを初めて一周クリアできました。頭痛なのに何故でしょう???

さてQMAKETに話を戻すと、会場の雰囲気は良いでした。
更に虫姫さま初クリアで気分が更に良くなり、勢いで帰宅途中にまたゲーセンへ。
そして…。

QMA兇離ード買っちゃいました。

買うとずるずる金を使いそうで(今、金無いの…)買ってなかったのですが、勢いで。
ところが、カード不良でデータが保存できず。_| ̄|○
なんだよもう。ついてない。

めげずにカードを交換してもらい、再トライ。
一回戦最下位(16位)予選落ちでした。il||li _| ̄|○ il||li
いきなり芸能とは。
女優から四択なんて、一人も知っている人が居なかったよ。

でも懲りずに再トライ。なんか2,3回戦がまた芸能なんですけど。 (汗
でも勘が冴えて何とか3回戦まで行けました。無事8級に昇格!
正解率が低い問題を当てると、気持ち良いね。

でもこれ、やっぱり問題覚えないとどうしようもなさそう。
ちゃんとメモ取らないとダメかな。やっぱり。
そういうの大の苦手なので迷い中。そもそも暗記が超苦手。

ま、いずれにせよ楽しいイベント&ゲームでした。



上とは全〜然関係ないネタ。


何となく気に入ったので。


2005年05月22日16時50分

05月07日(土)   著作権、同人誌感想『春雪花冬、博麗異聞録上巻、さがしていたもの、そして奴らもやってくる、うたげのさいはて』


ゲーム音楽と著作権・・・まじめに考えてみよう  (GAMERS EDENさん)
同人誌と著作権 (多分花鳥風月さん)

興味深いので、時間のある時にでも読んでみよう・・・。

情報元:楽画喜堂さん2005年5月6日より



今回の博麗神社例大祭では音楽CDをメインに購入しました。
同人誌は本当に気に入った物だけを購入。おかげで当たりが連発で嬉しい限り。
以下、気に入った物を紹介します。

春雪花冬 (つみきのいえさん)
 チルノ&リリーが主人公の本。切ないシリアスストーリー。
 チルノの子供っぽさ、リリーの落ち着いた雰囲気を上手く表現できています。
 きちんと完結したストーリー。霊夢以下サブキャラも出演。弾幕戦闘シーンもあり。
 絵、画面構成、ストーリー。どれもレベル高いです。見事です。
 私はシリアスストーリーが好みなので、この本は気に入りました。一押しです。

博麗異聞録 上巻 -Secrets In Weird World- (Rakugaki Cloquisさん)
 これは全くノーマークだったのですが、フリー入場後に発見して中身を見て購入。
 霊夢の生い立ちや、オリジナルの強敵が多数出現するシリアスストーリーの上巻。
 オリジナル設定満載ですが、現在判明している公式設定を逸脱していないので問題なく楽しめました。
 オリジナルキャラにしても、東方の雰囲気がきちんと出ています。
 劇場版アニメになるとしたら、こんなストーリーになるのかな?
 会場では完売しなかったようですが私は信じられません。
 ちょうど良い所で下巻に続いているので、早く続きが読みたいですね。

さがしていたもの (Leaf Gardenさん)
 落ち着いた絵柄とカラーが映えるフルカラー同人誌。最萌2支援絵も同時収録。
 絵本調のほのぼのストーリーが好印象。
 こちらもオリジナルキャラが主役ですが、良い感じで話が出来ています。
 原作の雰囲気を壊さずにストーリーを膨らますのに成功していると思います。
 ところで私、前巻の『Thought of Dolls』を買い忘れる大ポカをやっちゃいました。_| ̄|○
 ショップ委託されないかな〜。(もっとも、委託されても瞬殺だろうけど・・・。)

そして奴らもやってくる (さやたか紅茶館さん)
 魅魔が主人公のコピー本。一緒に行った友人が見つけて、良さそうなので私も購入。
 表紙より中の漫画の方が絵が上手いと言う珍しい作品。(わざとかな?)
 ドラゴンボールネタを中心としたギャク本ながら、絵柄は安定していてレベルも高い。
 この漫画を読んで、魅魔再登場して欲しいな〜と思っちゃいました。

うたげのさいはて (まりおねっと装甲猟兵さん)
 相変わらず、これでもかと言うほどのギャグ連発。ギャクネタは年代も幅広い。
 にもかかわらずネタの大部分が分かるのは私の年のせい?(汗
 各キャラの使い方が上手いので、素直に楽しめました。

以上、私的同人誌感想でした。


2005年05月08日00時15分

05月06日(金)   勘違いの訂正、CD感想『Mirage』『幻想音楽祭』


下で『感動した』と書きましたが・・・。

東方花映塚体験版plusファイル内『readme』テキストを読んだら、
不具合報告は掲示板でなくメールへ、と書いてありました。

道理で掲示板に書き込みが無いわけだ。
はは・・・は。



CDが楽しくてしょうがないので、感想を書いてみたい気分。
音感ゼロの人間の妄言だと思って軽く流して頂きたく。


只今、Mirage 〜夜奏幻樂団を聴きました。
驚くべきは、合同CDにも関わらずアルバムとしてのまとまりがあり、どれも質が高い事。
曲に勢いがある。そして音色が美しい。夜空を流れる様な感じです。
あ、ちょうどジャケットイラストのイメージです。なるほどね。

ブックレートや、パッケージも凄く豪華。手間とコスト掛けてるな〜。
しっかし、コレほどの内容でこの値段(イベント価格1000円)とは。
早くも自分内お気に入りに。
お薦めしたいですね、これは。

それにしても、どうも製品版は試聴ファイルよりずっと良い気がするのですが・・・?はて?


幻想音楽祭〜Phantom Concertも聴きました。
こちらは曲調というか、曲のバラエティーが凄く多岐に渡っていました。
CD毎に大まかにイメージを変えているのかな?
ちょっと各曲の出来に差がある気もしますが、それにしても多彩・・・。

そんな中、特にコレはと上げると『Lyrica Disc』10曲目『萃夢想』が特に気に入りました。
総決算にふさわしい、壮大感のある曲に仕上がっていると思います。
あと、一曲目の『Lunasa Disc』1曲目の『幽霊楽団』にも感心。
こちらは逆にこれからコンサートが始まるという感じが上手く出ていました。
(2005/5/7追記:『Lyrica Disc』9トラック目の『×××ONICK』を忘れてました。コレも凄く良いです。)
言うまでもありませんが、他にも良い曲はかなりありましたので勘違いせぬよう。

ちなみにこちらのブックレートデザインにも工夫の後が見受けられます。
特にブックレートの曲名一覧には感心。
そして、こちらも安い(イベント価格500円)。すご過ぎ。
これもお薦めしたいCDです。

しっかし、匿名掲示板からの立案で、本当に良く完成できたと感心します。
まとめの人、作曲者、他、全スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。
こう言う事って、非常にすばらしい事だと思います。


2005年05月06日02時10分

閑話休題   楽しい


アレンジCDを聴きながらネットサーフィン中。
アレンジ音楽が楽しい。
もちろん私にも好みがあるので、当たり外れはありますが、
早速自分好みのCDがあって、ご機嫌中。

そして、東方花映塚体験版、中々に面白い。
私はストーリー性が強いのが好きなので、
今回の体験版はそういう意味ではちょっとボリューム的にさびしいです。
(近所に友達いないし・・・。orz)
それでも面白い。う〜む。
手軽に遊べるのもそれはそれで良い感じですね。

スーパーマリサランドも中々に楽しい。
難しいけど楽しいですよ。これは。
右側のデカイ魔理沙絵がどういう意味なのか分かりました。
なるほど、確かにこれは魔理沙にキノコを食べさせたかったわけだ。(w



・・・。
サイト(サポート掲示板)の更新、後回しにしよう・・・(ボソ


すいません。でもやっぱり早く聴きたい、遊びたいんですよ〜。(;´д⊂
あと、いつも大きなイベント後は腑抜けになるので、気をつけないと。


2005年05月05日21時30分

05月05日(木)   サポート掲示板で感動


昨日の例大祭2、参加者、スタッフの皆様お疲れ様でした。
あの並んだ人数を見たときヤバイと思いましたが、イベントが成功してよかったです。
で、総じて楽しいイベントだったのでレポートでも書きたい所ですが、疲れてへばっているので今回は無し。
サイトの更新と合わせて体がズタボロなので・・・。

代わりに今日の話題はサポート掲示板のこと。

東方花映塚体験版plusを起動したものの、当初40FPSしか出ませんでした。
原因はPCグラフィックチップのドライバが古かった為。
パッチを最新にしたらあっさり解決しました。
で、(最近サポートまとめサボってますし)ちょっと気になって上海アリスさんの
サポート掲示板を覗いてみたのですが・・・。

サポート問い合わせが現時点(5/5,18:20)で一件も無い!!

これには感動しました。
もちろん一番の原因はZUN氏のプログラム完成度が高かった為で、
二番目の原因はプレイヤーの皆様がしっかりしてらした為です。
私の勝手連でやった事など、どれだけ役に立っているのか分かりません。

ただ、サポートまとめページのアクセス数がいつもより多い(200人/日のペース。
いつもは40人/日)事から「少しはあのページが役に立ってるんだなあ〜」と、
ささやかに嬉しいのです。


2005年05月05日18時30分



戻る