<御注意ください>

この日記は私個人の感想を書いている日記です。

だから、もし何か興味を持たれても、全て自己責任でお願いします。



2011年04月 目次
04月10日(日)ゲーム購入メモ
04月10日(日)震災の影響

04月10日(日)   ゲーム購入メモ

本日、日誌2本目。こちらは前向き?な話題を。
今日は本当に久々に色々なゲームを購入しました。
こんなに纏め買いは久方ぶりです。
そこで、軽く紹介したいと思います。



1本目はララ・クロフト アンド ガーディアン オブ ライト
正確には、少し前にセール半額だったので購入してたのを忘れてて
今日初プレイだったのですが、前知識0だった分、余計に驚きました。

俯瞰視点のアクションゲームですが、DL専用でこの質とは。
しかも画面も綺麗で、これが定価1,500円なのですから凄い時代です。
(私は画質重視派なので、評価が高くなってます。)
まだ前半しかプレイしてませんが気に入りました。お薦めしたいです。

ただ、一点注意が必要です。
従来のトゥームレイダースのシリーズとは全くゲーム性が違っていますので、
上記公式サイトのトレーラーで確認するのが良いと思います。

参考:PlayStation mk2 レビュー



2本目はまもるクンは呪われてしまった!〜冥界活劇ワイド版〜
アーケードとXbox360で出たSTGのPS3版です。
これは最後まで購入を迷いましたが、思い切って限定版を買いました。
決め手は体験版が良かった為です。結果は正解だったと思います。

アーケード版は面白いと思いませんでしたが、
PS3版収録のワイド版は画面の窮屈さが無くなり、断然楽しくなっています。
(ちなみに、従来のアーケードモードも収録されてます。)
また、右スティックでの射撃。コレが良い。
これによって、アーケード版とは打って変わってとても
爽快感あるバランスになっています。
ストーリーモードで物語背景が分かるのも良いですね。
アーケード版は何だか良く分かりませんでしたので。
それと、やはり前評判通りBGMが良いです。

いずれの要素も、家庭用だからこそ生きてきた要素だと思います。

欲を言えば売りであるワイド版(冥界活劇モード)をストーリーモードに
組み込んで欲しかった点でしょうか。
ストーリーモードはアーケード版の縦長画面なので。

また、あくまで2DSTGが好きな人向けのゲームなので、
体験版で試すのが良いと思います。
まだ体験版は配信中のはずです。

参考:PlayStation mk2 レビュー



残り2本は纏めて紹介します。

バレットソウル -弾魂-エスカトスです。
バレットソウルは評判良さそうなので購入。
エスカトスは旧作のジャッジメントシルバーソードを持っているので購入。

が、私はXbox360本体をまだ持っていません。
部屋が乱雑なので、何となく買い時を逃している次第。
しかし、STGは買い時逃すと後々に買い難いため、
CAVEシューティング共々ソフトばかり集めている状況。
精神衛生上はよろしく有りません。金だけかかるので。
自分でもなんだかな〜と思います・・・。
2011年04月10日21時50分
作成時間50分間


04月10日(日)   震災の影響

最近ツイッタやってます。
タッカー (takker6) on Twitter
手軽な分、こっちに書く事がますます減ってしまいますね。



今回の地震、被災した方々については、心中お察しいたします。

直接的な被害については既に各所で報道されている通りですが、
一方で、副次的に更に多くの分野に大きな影響を与えつつあります。
その中でも今回は印刷業の話でも一つ。

インキや紙の製造工場が被災して材料供給面で問題が起きはじめています。
MSN産経ニュース:【東日本大震災】紙・インキ、供給不足続く 生産停滞、雑誌の発売延期
印刷ジャーナル:印刷インキ工連、インキの原材料調達困難な危機的状況を説明
印刷ジャーナル:日本製紙連合会、篠田会長がコメント「全容把握には時間がかかる」

「印刷しなければ良いのに。別に必需品でもないし」と思われるかもしれませんが、
印刷物にも中には必需品があり、それらは「印刷延期」とは行かなかったりします。
例えば、料金請求書・公的証明書・運輸伝票、等々。
もっと身近な所だと、牛乳だって紙パックが無いと運べません。
紙おむつも、接着剤が一つ欠けただけで製造できません。

今回問題なのは、被災したのが多岐に渡る点です。
製紙メーカーでは日本製紙と三菱製紙の工場が被災してしまいました。
ところが、更に千葉のコンビナートまで被災。
根元の石油原料の供給が止まった為、風下の製品まで軒並み影響が出ています。
製品が高性能になるほど、色々な材料を使用しているためです。

「なら、別の材料を使えばよいのでは?」と思うかもしれませんが、
材料を変えるとトラブルのリスクが増えてしまいます。
(プリンタで詰まる、糊が剥がれる、等々)
つまり、「使って問題ないか良く分からない」と言う事です。
しかし必需品故に、使用時のトラブルは避けねばなりません。
現実問題としては、代替材料に対して【試作と検証】を行う事になりますが、
時間的や製造スケジュール的な制約もあり、中々難しい所です。


参考情報元:制作のしおりさん2011年04月05日 (火)より
2011年04月10日20時55分
作成時間40分間




戻る