<御注意ください>

この日記は私個人の感想を書いている日記です。

だから、もし何か興味を持たれても、全て自己責任でお願いします。



2008年11月 目次
11月22日(土)TV局の捏造
11月17日(月)国籍法改正案審議入り
11月03日(月・祝)同人ゲームの潮流

11月22日(土)   TV局の捏造

テレビというものに絶望した:日本珍スポット100景-B級スポット観光ガイド-

日本テレビの番組のスタッフに酷い捏造報道をされかけた事例です。
最終的には、TV局に抗議の上、ネット上で告知する事で何とか回避出来た様ですが、
その為に費やした時間と労力、精神的痛手を思うと、管理人さんには同情せざるを得ません。

きっとこれまでもTV報道によって多くの人が捏造され、泣き寝入りさせられたのでしょう・・・。
こう言う事をしているから、TVは信用力を無くし、視聴率は下がる一方なのだと思います。


情報元(敬称略):
制作のしおり:2008.11.22
 ↑
日日俺酔狂:081121のニュース
 ↑
まなめはうす:2008-11-21 (Fri) 08:44
 ↑
Twitter - lovecall:テレビでねつ造情報を流されたサイト管理人がとった行 ...
 ↑
pandola.jp:テレビでねつ造情報を流されたサイト管理人がとった行動

今回、試しに情報元を辿ってみましたが、面白いですね。
ネット上で情報がリンクされ拡散しているのが分かります。
2008年11月22日23時20分
作成時間40分


11月17日(月)   国籍法改正案審議入り

国籍法改正案審議入り 不正認知横行の懸念も (1-2ページ) - MSN産経ニュース

こんな有り得ない法律が成立する訳が無い、と思っていた自分が馬鹿でした。
もう、政治の何を信じろと言うのでしょうか・・・。

問題点を細かく書く気力も無いぐらいに、がっかりしています。
国籍法改正案まとめWIKIに事の詳細が記載されていますので、ご確認ください。

明日の衆議院本会議で否決されるなら、政治に一縷の望みを感じなくもありませんが、
可決される様なら、もう自民党も民主党も何も信じられません。
2008年11月17日23時55分
作成時間30分

(2008/11/18追記)

11/18(火)全会一致で衆議院通過。唖然・・・。

ただし今は静観中。戸井田とおる衆議院議員のブログとかを見ています。
上記ブログの一文【何故DNAの鑑定を避けようとするのだろうか?】について、私も不思議に思います。

そして更に言うなら、マスメディアが全く報道しない点も不思議です。
もはや【事実を正確に公平に報道する事】すら出来ていない・・・。
追記2008年11月18日22時40分
作成時間20分

(2008/11/22追記)

国籍法改正 誰も理解せぬまま参院も審議入り  (1-2ページ) - MSN産経ニュース

国会は法律を決める場所なのに、内容を把握せずOKを出すとは酷い話です。
自民党も民主党も他の政党も、皆、酷いです。

マスコミも今更少し報道しただけ。
それでも報道しただけ産経新聞はマシな方かもしれません。

戸井田とおる衆議院議員のブログを読む限り、まだ諦めるのは早いようですが・・・。
せめて、【DNA鑑定による実子証明】が条件に入る事を切に願います。


2008年12月4日に続く
追記2008年11月22日23時30分
作成時間20分


11月03日(月・祝)   同人ゲームの潮流

先月末、セミナー同人ゲームの潮流◆繊屬劼阿蕕掘燭Δ澆佑海里覆頃に」に見るコンテンツとコミュニティ〜を受講してきました。
同人ゲーム制作者への質問形式で進みましたが、質問する側も良く勉強しており、とても有意義な内容だったと思います。

今回も、自分なりにレポートを書きました()。(前回こちら
ちなみに今回も懇親会は不参加です。(汗

なお、レポートが長いので要約しますと、以下がキーポイントだと思います。
・商業は売れる事が前提、同人は自分が楽しい事が第一義。両者の優先順位は逆である。
・他にも良いゲームは沢山ある。ネットではなく、自分の足で探して欲しい。
・ゲームはコミュニケーションツールであるべきだ、と考える。
・ユーザー同士の「議論の余地」がゲームである、と考える。
・ゲームを作る上で二つ重要な事がある。それは「クオリティー」と「納期」である。
 良い物を定期的にコンスタントに出す事が重要。
・「愛の有る二流」は「愛の無い一流」に勝ると考える。
・自ら冒険して色々なゲームに触れて欲しい。


個人的な竜騎士07氏に対する感想を書くと、とても頭の回転の速い人という印象を受けました。
また、ゲームについて自分の考えがはっきりしており、好感が持てました。

(参考 
ネットで見かけた他の方のレポート・感想です。
私より詳しく書いていますので(汗)、参考になると思います。
同人ゲームの潮流2 〜「ひぐらし/うみねこのなく頃に」に見るコンテンツとコミュニティ〜 に行ってきた - 等速ナブラ
同人ゲームの潮流(2) 〜「ひぐらし/うみねこのなく頃に」に見るコンテンツとコミュニティ〜に参加してきました。 (へっぽこさんメモ)
「同人ゲームの潮流2」に行ってきた - 思いつき Lab.
以上が、私が自力で見つけたレポートですが、他にも沢山のレポートが上がってます。
ひぐうみブログさんにリンク集がありますので、ご参考下さい。

(参考◆
以下は、セミナー参加者のサイトです。(敬称略)
竜騎士07(サークル07th Expansion主催。シナリオ、グラフィックを担当。)
 BT  (サークル07th ExpansionのHP管理運営。ゲームのスクリプトも担当。)
有馬啓太郎(漫画家、漫画『月詠』の作者。プロ漫画書きの観点からの質問。)
高橋直樹  (汎用ゲームエンジン「NScripter」制作者。ツール制作者の観点からの質問。)

参考´△鯆媛叩2008年11月03日22時15分
作成時間30分
2008年11月03日21時40分
作成時間360分(レポート330分)




戻る