<御注意ください>

この日記は私個人の感想を書いている日記です。

だから、もし何か興味を持たれても、全て自己責任でお願いします。



2010年09月 目次
09月27日(月)東方Projectのアニメについて
09月05日(日)PS3故障◆Xbox360
09月04日(土)PS3故障

09月27日(月)   東方Projectのアニメについて

アニメ店長×東方ProjectのコラボCMが作られるそうです。

今日もやられやく:『アニメ店長×東方プロジェクト』がコラボでアニメ化! アニメーション制作はufotable

これ自体は、原作者許可済みの二次創作との事。
個人的には、イベントに行く余裕が無いので、動画サイトで公開して欲しい所です。

で、今回はこれからが本題。
上記のリンク先のコメント欄を読んでみると、aim120さんという方による興味深い書き込みが有りました。
このまま埋もれるのは勿体無いので、以下転載させていただきます。
(転載が問題あるようならご指摘ください。)


(以下、転載)

303.名前: aim120 投稿日:2010/09/24 21:28 ID:???
  少し長文になる。


  まず、「東方がアニメ化」というのは今回が初めてのことではない。
  むしろ最近ではごく普通のこととなっていて、単に「東方のアニメ」と言った場合
  「『どこの』東方のアニメか?」という話になる。
  (舞風、活動写真館、SOUND HOLIC等でググればわかる)
  また、東方のキャラクターにプロの声優に声を当ててもらうことも
  今や珍しいことではない(その是非はともかく)。

  ただ勘違いしてもらいたくないことは、これらの「東方のアニメ」というのは
  そのすべてが二次創作であって、東方の原作者であるZUN氏が関わった作品は一つも無い。
  というより、ZUN氏が「公式でのアニメ化はしない」ということを公言しているため、
  現在世に出回っている「東方のアニメ」は、基本的にすべて
  二次創作作品=同人誌の延長線上のものであるという認識でおk。

  そしてこれは、逆に言えばあくまで「ファン活動」の範囲内であれば
  プロの集団(つまり本職のアニメ制作会社)が東方のアニメを製作した場合であっても、
  原作のクレジットと二次創作であることの表記(あと流通のルールとか)さえ守れば
  特に問題は無いということでもある。
  (言うまでも無いがコミケでは本職のマンガ家やイラストレーターは多数参加している)


  では、このことが一体何をもたらすのか?
  ↓



304.名前: aim120 投稿日:2010/09/24 21:28 ID:???
  あなたは2002年に放送されていたたアニメを
  何か一つでも憶えているだろうか?
  (ガンダムSEED、ちょびっツ等)
  この年は東方の第6弾(Win版第1弾)である
  「東方紅魔郷」が発表された年である。
  よって東方という作品は、ジャンルを確立してからもうすぐ十年目に達する。
  霊夢や魔理沙、チルノ、レミリア等の最初期から登場している
  キャラクターたちはこのままいけば十年選手である。

  コミックマーケットにおけるジャンル別のサークル参加数、あるいは
  博麗神社例大祭でのサークル数を参照してもらえばわかることであるが、
  東方に流入してくる人の数は今のところ増加する一方であり、
  数年以内に急激に減少する傾向はまったく見られない。
  (Pixivやワンダーフェスティバルなどにおいてもほぼ同様である)
  東方という作品に関心の無い人、あるいは「東方厨ウゼェ!キモい!」な人にとっては
  なぜこれほど東方に人気があるのか、理解できないという人も多いと思う。

  ・・・・・・というか実際、東方というジャンルにどっぷり浸かっている人間ですら
  「なんでこんなに人気があるんだろうか?」とさえ思っている。

  が、一つだけ確実に言えることはある。
  ↓



349.名前: aim120 投稿日:2010/09/24 22:10 ID:???

  それは、東方は既存に流通しているあらゆる作品とは

    『 ま っ た く 逆 の こ と 』 を

  やり続けてきた、ということである。


  まず、東方はシューティングゲームである。
  ほぼ全員が女性キャラであることから頻繁に勘違いされるが、
  ギャルゲーやエロゲー等のアドベンチャー形式のゲームでは無い。
  つまり、キャラクターと出会うには雨のような弾幕をかいくぐって
  (場合によってはノーコンティニューで)いかなくてはならない。

  次に、東方のキャラクター達は総じて「長いスカート」を着用している。
  キャラによっては短めのスカートを着用しているキャラもいるが、
  大多数は膝よりも下の丈のスカートを着用している。
  また、服装の特徴はスカートだけに限らない。
  あの妙ちきりんな形状の帽子、レースやフリルを多様した服装、日傘や扇子などの小道具。
  これらはいずれも既存のアニメやゲームのキャラクターではほとんど見られない意匠である。
  (強いて言えばローゼンメイデンくらいか)

  そして、特筆すべきはキャラクター間の関係性である。
  2000年代前半までは、いわゆる「男性主人公の周囲に多数の女性キャラクター」を配置する
  『ピラミッド形式』が大多数であったのに対して、
  東方では元がシューティングゲームというということもあってか
  「誰を主役に置いてもある程度話が成り立つ」という『アーパネット形式』関係性が主流である。
  このことは、特に同人界隈で東方というジャンルが
  増加の一途を辿って来たことが何よりの証明である。
  ↓



350.名前: aim120 投稿日:2010/09/24 22:11 ID:???
  話を本題に戻す。

  今後、東方に本職のアニメ制作会社が参入してくる可能性は高い。
  ただし、あくまで「二次創作」という範囲で。

  それについての是非はここでは問わないが、この図式がある程度成功した場合、
  既存のアニメ作品とはまったく異なる流通が発生する可能性がある。
  スポンサーや広告会社に影響されず、制作会社が好きに作ることができて、
  なおかつ「売れる」作品。
  もしアニメ制作会社が東方のその点に目をつけたら?
  もちろん資金という最大の問題はあるが、それがクリアされたら?


  現在では物が消費される速度が特に速い。
  それはもちろん、アニメにおいても該当する。
  ある作品、マンガやゲームやラノベを原作としてアニメ化された場合、
  大多数は特定のアニメ制作会社によって一度きりしかアニメ化されず、
  そして放送が終了した後は急速に忘れさられていく。

  しかし、東方のアニメがその形式を変える可能性はある。



(転載ここまで)


この内容には結構同意したい部分が有り、それ故に興味を惹かれました。
商業アニメといっても、原作者が制作に関わっていない場合は、
それはもはや二次創作では?と常々思ってた為です。

一次・二次創作を問わず、個人制作アニメが生まれつつある昨今、
必ずしも制作が企業体である必要性は無いのかもしれません。
TV以外の放送媒体としてネット動画サイトが進歩しつつある現在、
個人ベースでアニメを作ったり、プロが趣味でアニメを作ったりする
風景がいずれ当たり前になるのかも。

また一方で逆に言うと、
企業体が(原作者に直接許可を得た上で)二次創作としてアニメを制作しても
何ら矛盾は無く、それはそれで実現すれば面白そうでは有ります。
ただ同人は、中間搾取こそありませんが、全て自己責任な部分が厳しいでしょうけれど。

いずれにせよ、今後は企業とアマチュアの境も曖昧になり、色々と混沌としていくのでしょう・・・。


また、上のコメントではもう一つ面白い内容がありました。
それは東方のキャラクタが『アーパネット形式』であるとの指摘です。
「誰を主役に置いてもある程度話が成り立つ」という図式は確かに東方はその通りだと思います。
実際、東方作品群では色々な主役が存在し、二次創作も同様な状況です。

そして東方に限らず、最近の作品はそういう傾向があると思います。
代表的な例で言うと『とある魔術の禁書目録』などはそうでしょうか?
また『けいおん!』『ヘタリア』なども誰もが主人公な作品だと思います。

と、ここまで書いておいて何ですが、よく考えると長編漫画作品は大体この傾向が有りますね。(汗
例えば『はじめの一歩』は現在、板垣が試合中ですし。
となると、むしろ発想が逆で、消費スピードが速い昨今では、
『アーパネット形式の作品でないと大ヒットし難い』というのが正解なのかもしれません。


他にも、東方の特異性とかも興味深い話です。
実際、東方のヒット理由を探る上で、前例が無いのが一番厄介であり、面白い所。
この辺は、各所で色々分析されていると思います。
私は東方の現象をまねる企業が出てくると予想していたのですが、殆ど出ないのが意外でした。
やはり、著作権関係が一番ネックなのでしょうか・・・?はてさて。

ただ、上でも書いたとおり企業とアマチュアの境が曖昧になりつつある昨今、
企業も先手先手を打っていく必要があると思うのです。
グリーなどに侵食されつつあるゲーム業界の二の徹は踏まなければよいのですが。


参考情報元:制作のしおりさん2010年09月27日より
2010年09月27日23時10分
作成時間90分


09月05日(日)   PS3故障◆Xbox360

PS3を修理に出してきました。
修理依頼3回目なので流石に慣れた物。
ゲームセーブデータは可能な限りバックアップ。本体認証もカット。

後は、無事修理されるだけですが、
前回の様に再現できずでそのまま戻ってこない事を祈ります。
おそらくグラフィックチップ周りの故障と思われますので、基板交換でしょう。
なので、トルネの録画データは全て見れなくなると思われます。
これはもう諦めました。未視聴の映画沢山あったのですが・・・。

しかしつくづく、保険に入っていて良かったです。



さて、そうなるとこれからどうするか。
本来は、11月にある試験の為にゲームを控えるべきですが、
全くゲームしないのはありえない。
順当に考えると、PSPで対応する事になります。

しかし、もう一つの選択肢が有ります。
Xbox360を購入すると言う選択肢が。

これまで、本体の故障率の高さ故に、本体だけ購入できないでいました。
ソフトはご覧の通り、既に結構購入しています。
虫姫さまふたりが2本あるのは手違いで2本購入した為。どうしましょうかねこれ。

360ソフト郡

ここで重要なのは、新型Xbox360の故障率が低いかどうか。
本体の販売数が少なすぎる為か、実際どうなのかネットを徘徊しても分かりません。
まあ、買うとしても、次の給料が出てからの話。
しばらくはPSPで遊んでいます。
2010年09月05日18時50分
作成時間20分間


09月04日(土)   PS3故障

PS3がほぼ完全に故障しました。
起動はするものの、5分と立たずにフリーズする為、まともに遊べません。
音楽や効果音は鳴っている上、トルネの視聴だけは問題なくできるので、
おそらく画面関係(グラフィックチップ関係)の故障と思われます。

以前修理にだしてからしばらくは普通に遊べていたのですが、
ここ最近は頻繁にフリーズしてました。
その為、短時間で楽しめるSTGを遊んでいましたが、今日は即フリーズ。
更に初期画面ですらフリーズが頻発しました。
以下はその写真です。(画面がフリーズしてます。)
もうこれ以上は修理しないと無理です。

フリーズ画面1

フリーズ画面2

一度壊れたハードは再故障し易いのでしょう。初期ハードですし。
ただ、前回の様に再現できずでそのまま戻ってこなければ良いのですが・・・。

これで修理に出すのは3回目。正直厳しいです。
おそらく基板交換になるでしょうから、
トルネで取り貯めた映画やアニメは全て見れなくなるでしょう・・・。
機器認証解除が間に合ったのと、
セーブデータバックアップが出来たのだけが救いです。
2010年09月04日20時10分
作成時間30分間




戻る